予約制 電話:044-967-1105

神奈川県川崎市麻生区万福寺6-7-2メディカルモリノビル5F

新百合ヶ丘駅より徒歩5分

川崎市の精神科、心療内科。新百合ヶ丘駅近く。うつ病や不安状態、こだわり、家族や職場などの人間関係でお悩みの方はご相談下さい

集団認知行動療法

Doctor's File vol.364 岡本浩一院長 MISUO net 新百合ヶ丘を中心とした地域情報
Mobile Site

FFC集団認知行動療法(平成27年度)

近年、認知行動療法と呼ばれる心理療法が、うつの方の回復や再発防止などに効果があることが分かってきています。また、近頃の海外の文献では、グループで行う認知行動療法も個人で行うそれと同等の効果があることが示されてきております。

FFC集団認知行動療法では、前期グループでは、日ごろの生活に着目し、セロトニン活性化療法を組み込み生活の質の向上を図るとともに、認知行動療法の理論をもとに個人の反応を客観視できるようにすること、個人の“考え方のクセ”を把握できるようにするところまでを目標とします。
後期グループでは、その“考え方のクセ”により注目して、色々な角度から見直すことで、気分を楽にしていく認知再構成法と、行動面に着目した行動活性化療法を取り込みます。これらをグループでの話し合いを通して学んでいきます。

そこで、今回、下記のような日程と内容で集団認知行動療法を行うことになりました。是非、参加をご希望の方はご検討下さい。

1.日時と内容

※内容は予定ですので、参加者の意見を取り入れつつ随時変更する場合もあります。

日時と内容
うつグループ 時間
第1回 2015年5月9日
『集団認知行動療法について』
第1回 2015年11月14日
『行動の成り立ちについて』
基本
第2、4土曜日
14:20~15:40
第2回 2015年5月23日
『生活のリズム①』
第2回 2015年11月28日
『行動パターンの把握』
第3回 2015年6月13日
『生活のリズム②』
第3回 2015年12月12日
『TRAPからTRACへ』
第4回 2015年6月27日
『より良い睡眠のために①』
第4回 2015年12月26日
『ACTIONを実行しよう』
第5回 2015年7月11日
『より良い睡眠のために②』
第5回 2016年1月9日
『反すうを克服しよう』
第6回 2015年7月25日
『認知行動療法とは』
第6回 2016年1月23日
『自分の望む生活を築こう』
第7回 2015年8月8日
『個人の反応を知る①』
第7回 2016年2月13日
『人間関係について』
第8回 2015年8月22日
『個人の反応を知る②』
第8回 2016年2月27日
『気持ちを伝えてみよう①』
第9回 2015年9月12日
『考え方のクセ』
第9回 2016年3月12日
『気持ちを伝えてみよう②』
第10回 2015年9月26日
『まとめ』
第10回 2016年3月26日
『まとめ』

2.場所

モリノビル5階 フィールファインクリニック グループカウンセリングルーム

3.募集人数

6名(達した時点で締め切りを致します)

4.参加条件

  1. 主治医から、うつ病と診断されていること
  2. 他医療機関に通院されている方は情報提供書(紹介状)が必要となります
  3. 原則、全セッションに参加が可能なこと
  4. 主治医の同意が得られていること

5.テキスト

セッション毎にテキストをお渡し致します。

6.参加費用

医療保険適応。自立支援医療適応。

7.留意点

  1. 最終的な参加の有無は、事前面談を受けて頂いた後に決めることができます。
  2. 事前面談では担当者から主に認知行動療法の大まかな説明をさせて頂きます。説明を聞いて納得したうえでお申し込み頂けます。

参加ご希望の方は、各グループが開始するまでに、フィールファインクリニックの受付までご連絡下さい。

連絡先:
心療内科・精神科 フィールファインクリニック 電話(044)967‐1105
担当:
集団認知行動療法うつグループ担当 岸(きし)・矢作(やはぎ)

8.その他

補講について:
都合上、グループに参加できなかった場合は、補講(基本的にセッション前の30分)を設けています。
このページの先頭に戻る